満足できる住まいを手に入れるためのRC住宅徹底ガイド@東京

RC造で主流となりつつある壁式(モノコック構造)

RC造のなかでも一戸建て住宅で採用率の高い、壁式RC構造(モノコック構造)について、その他のRC構造との違いなども交えながら考察していきたいと思います。

コンクリート建築の様々な種類

RC造とひと口に言っても、その構造はいくつか種類があります。主なものは以下の通りです。

ラーメン構造

ここで言うラーメンとは中華麺のことではなく、ドイツ語で額や枠を意味するラーメンに由来し、建築の世界では柱と梁が重結合している構造のことを指します。

木造では木材を使用する柱と梁に鉄筋コンクリートを用いていると考えれば分かりやすいでしょう。比較的古くからある方式です。

鉄筋コンクリート構造

一般的なRC造と言えばこれ。鉄筋を縦・横の格子状に組立て型枠と呼ばれる木製枠で囲み、コンクリートを流し込んで基礎から屋上までを一体化させた構造のこと。

耐用年数、耐火・耐震性、気密性、デザインの自由度などすべてに優れますが、コストも高くなります。

鉄骨鉄筋コンクリート構造

鉄筋コンクリートに鉄骨を内蔵させた工法で、比較的小さい断面で、強い骨組を作ることができる利点があります。特に高層マンションで多用されていますが、費用的には最も高くなります。

プレキャスト鉄筋コンクリート構造

予め工場で製造された鉄筋コンクリートパネルを現場で組み立てる方式。RC造の中では低コストな反面、RC造本来の耐震性や密封性はやや劣ってしまうのは否めません。

また言ってみれば鉄筋コンクリート版プレハブ住宅ですのでデザインの自由度も制限されます。

壁式鉄筋コンクリート構造(モノコック構造)

柱や梁を設けず、壁で荷重を支える鉄筋コンクリート造で、内部空間が広く使用できるというメリットがあります。壁の中には梁に相当する配筋というものが設けられています。

低層から中層建物に最適で、コストもRCの中では比較的安いメリットがあります。

RC造で主流となりつつある壁式(モノコック構造)

これらの中で、一戸建て住宅に用いられる主流となっているのが、ページタイトルにもなっている壁式RCです。床、天井、4面の壁が6面のコンクリートで構成され壁全体で建物を支えるという構造になっています。

RC造の中では比較的安価で、柱を必要とせず広々とした空間を使え、なおかつ耐久性、耐火性、気密性、遮音性といったRC造ならではの利点も享受できます。

特に耐震性については、壁全体で重量を支えるため地震の揺れが一点に集中することなく建物の“面”全体に分散してバランスよく受け止めることできるという特徴があります。鉄筋コンクリート自体の強さと構造的特徴があいまって、高い耐震性を実現しているのです。過去の大震災においても壁式RC造住宅が倒壊した例はないとされています。

一方、注意すべき点としては、柱や梁ではなく壁で荷重を支える方式のため、間取りの変更や大規模なリフォームが困難になる点。特に元からある壁を壊してしまうと耐震強度の低下を招く恐れがあります。この点は予め理解しておくべきです。

東京で壁式(モノコック構造)の注文住宅が施工できる会社リスト