満足できる住まいを手に入れるためのRC住宅徹底ガイド@東京

山下工務店

株式会社山下工務店
山下工務店(東京)のRC住宅業者のHP画像 営業エリア 東京
設立  昭和34年8月
住所 東京都西東京市栄町1-16-17
保持資格 建建築業の許可東京都知事(般-22)第10940号
一級建築士事務所東京都知事登録第38968号
宅地建物取引業免許東京都知事(6)第57264号

西東京の地域密着型RC住宅業者「山下工務店」

東京・西東京市に本拠を構えるRC住宅業者、山下工務店ついてまとめています。

山下工務店は昭和3年、現社長のお爺さまである初代社長が創業して以来、一貫して地域密着の工務店として歴史を重ねてきたという工務店です。そう聞くと、古き良き時代の木造建築にこだわった工務店を想像してしまいがちですが、常に独創性や時代ごとの高品質を追求しつづけるという姿勢を採っています。

近年では、“CasaCube”という正方形のオブジェを思わせる、アーティスティックな外観の木造ツーバイフォー住宅で注目を集めており、メディアにも取り上げられています。

また、注文住宅のみならず、既存住宅の小規模な補修から全面リフォームまで手がけており、地域の土地探しサポートも行なっているなど、地域に根ざした事業を展開。

そんな山下工務店では、近年RC造住宅の建設にも事業範囲を拡大。採用したのはベニヤ板で型枠を作る従来型RC工法ではなく、特殊FRP素材の組立式型枠を使用する新世代の工法(同社ではハイブリッドRC工法と呼称しています)。

従来工法に比べ、コストの削減、工期の短縮、品質の均一化が図られといったメリットがあるのだとか。時代ごとの高品質を追求しつづけるという姿勢が、ここにも表れています。

一方で、RC住宅を手がけるようになってからはまだ日が浅いと見受けられ、施行事例もあまりなく、また、費用目安となる坪単価の表示も特に見当たりませんでした。

しかし、従来の木造住宅の口コミには好評のものが多く、地元で愛される工務店という印象。RC住宅に関しては、今まさに実績を積み重ねる過程にあると言え、将来的に練度が上がっていくものと期待してよいでしょう。