満足できる住まいを手に入れるためのRC住宅徹底ガイド@東京

山川設計

株式会社山川設計
山川設計のHP 営業エリア 東京・埼玉・神奈川
設立 平成元年
住所 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル3F
保持資格 一級建築士事務所登録 東京都知事登録50189号
(社)日本建築士会連合会会員
(社)東京都建築士事務所協会会員

施主目線の設計事務所!山川設計(東京)のRC住宅

高いデザイン力で注目を集める東京のRC住宅業者、山川設計について、会社の概要や住宅の特徴、口コミなどを紹介していきたいと思います。

山川設計は、一級建築士の山川幹生氏が設立した設計事務所。平成元年(1989年)の設立以来、注文住宅に限らず、商業施設やマンションなどの設計も手がけてきました。これまでに取り上げられたメディアは数知れず。とくに高級住宅誌「モダンリビング」にはよく掲載されており、その洗練されたデザインに魅了されているファンも多いのだそうです。

山川設計は、モダン・クラシック・リゾートなど、あらゆるジャンルに対応していますが、特に「ロートアイアン」を用いたヨーロッパ風のデザインを特に得意としています。ロートアイアンは、主に門扉や階段の手すりなどに使用されている、細工された鉄のこと。欧風テイストの住宅を好んでいる方にはオススメです。

ただおしゃれなだけでは、“いい家”とはいえません。山川設計が手がける住宅は、デザイン性に富みながらも、暮らしやすさを犠牲にしない、丈夫で飽きのこない家。どんなに繊細なデザインでも、予算が限られていても、安全性は妥協しないのが山川設計のポリシーです。

そのため、ほとんどの住宅に、RC工法の中で最も耐震性能にすぐれた「RC壁式工法」を採用しています。一般的な梁と柱で構造を組むラーメン構造とは異なり、壁と天井、床だけで作りあげる壁式構造では、1フロア吹き抜けなどの難しい間取りも実現可能。美しい外見の内側には、震度7の揺れにも耐えうる強さも持ち合わせています。

そして、どんなにすぐれた設計・デザインでも、それを実現する施工技術が無ければ家は完成しません。山川設計がデザインした住宅を施工するのは、商業施設やマンションなどの建築実績もある、RC工法の経験が豊富な建築会社です。都市景観にかかわる施設の施工も任されているそうなので、かなり信頼できそうですね。

山川設計は、RC住宅で坪単価75~85万円と、クオリティの割には良心的な価格設定です。タイルの1枚まで徹底したコスト管理を行っており、そのコストパフォーマンスは業界でも評判。中には建設会社勤務でも、あえて自社でなく山川設計にお願いした方もいるとか。

山川氏は「コストの不安は建築家に任せればいい、予算内で建てられるよう工夫するのが建築家の仕事」という考え方だそうなので、予算に不安がある方も、一度相談してみるといいかもしれません。

HPには今までに山川氏が手がけた住宅の施工事例が数多く掲載されています。どれも息を呑むようなデザインの住宅ばかりなので、是非チェックしてみてください。

≫山川設計の施工事例はこちら

山川設計で家を建てた施主の口コミ

  • 「いくつかの設計会社に見積もりをお願いしたのですが、山川設計だけは施主の味方になってくれて、見積書を入念にチェックしてくださいました。小さな土地だったのですが、開放感のあるとてもいい家ができて本当に感謝しています」
  • 「とてもアットホームな打ち合わせで、イメージ通りの家になるように細かく話を聞いてもらえました。天然石で作った壁やメイプルでできた床、南国風の外観はとてもお気に入りです」
  • 「山川さんは自分の意見を聞き流すことはなく、予算内で希望を叶えることを諦めずに追求してくれます。毎回新しいプランを提案してくださるので、安心してお任せすることができました」